オーガニックが必ずしも肌に合うとは限らない

化粧品を買う時には、一度インターネットで口コミを探す方が多いと思いますし私もその一人です。

検索すると普通肌や混合肌というように肌のタイプを表す言葉をよく目にしますが、肌が弱くてちょっとしたことで荒れてしまう敏感肌の私がファンデーションを選ぶ時と使用する時に気をつけていることについてこれから説明します。

ただし、あくまでも個人的な見解であり何か医学的な根拠があるわけではないことをご了承ください。

始めにファンデーションを選ぶ時ですが、商品の成分表示を見て自分に合わない成分が入っているかどうか確認するようにしています。

なお「肌が弱い」というと「化学物質が良くないだけでしょ?ならオーガニック化粧品が良いのではないか」と思われがちですが、実際はそうとも限らないのです。

なぜならオーガニックということは、植物から抽出したエキスが含まれているものがほとんどでそれが必ずしも肌に合うとは限らないからです。

例えば花粉症がある場合、あるいは現在は症状がなく平気であってもずっと使い続けていると、ある日突然アレルギーを起こす可能性があるのです。

またオーガニック化粧品と謳っているものだけでなく、植物エキスが入っているファンデーションは意外と多くあるので予算や自分の求める効果を考えると選択肢は限られてしまいます。

 

 

INTEGRATEの“プロフィニッシュファンデーションがおすすめ

実際、プチプラなのに優秀なコスメとしてよく紹介されるCANMAKEやセザンヌの商品には植物エキスが含まれていたので、買うのを諦めたことがあります。

さらにデパコスといわれるようなブランドコスメにはそういったエキスが含まれていないものもあるかもしれませんが、匂いが好きではないことや値段が高価であるにも関わらず使ってから肌に合わない可能性を考えると、なかなか手が出せません。

このようにファンデーションを選ぶのに苦労している私ですが、今まで色々な商品を試した中で唯一肌荒れを起こしていないのがINTEGRATEの“プロフィニッシュファンデーション”という商品です。

これはパウダータイプであるにも関わらず、カバー力と透明感が出るところがお気に入りで厚めのパフが付属しています。

また、値段が高すぎずドラッグストアやスーパーで気軽に買えるのも気に入っている点です。

 

 

ファンデーションを使用するときに気を付けていること

次にファンデーションを使用する時に気をつけていることですが、私は商品にパフが付属していてもあえてメイクブラシを使ってつけることで厚塗りにならないようにしています。

これは自分のように肌が弱い人あるいは肌荒れを起こしやすい人の場合、ファンデーションを厚塗りするとそれが原因で肌の状態が悪化しやすくなると聞いたことがあるためです。

またパフではなくメイクブラシを用いるのは、少しでも皮膚に摩擦による負担を与えないようにするためです。

これらのことから私は、先ほど紹介したファンデーションをメイクブラシで取り、肌に優しくのせるようにつけています。

そのぶん薄付きになるので、こまめに化粧直しをする手間がかかりますがそのほうが肌への負担が少なくなるので、面倒でもこの方法で使うようにしています。

 

 

ファンデーションは時間をかけて慎重に選びましょう

以上が、私のファンデーションの選び方と使い方です。

肌が弱いぶん、化粧が思うようにできなくてつまらない思いをしたこともあります。

特にファンデーションは、直接肌に触れるものなのでより気を使わなければならないですし、自分にとって条件の合う良いものを探すのは大変ですよね。

でも使うのは他でもない自分ですし、時間をかけて良いものに出会えた時の喜びは大きいのでこれからも使い方や商品の情報を集めながらファンデーションを探していきたいと思います。

これまでの説明が私と同じ敏感肌の方に少しでも役立ててもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

Pocket