ai_img_7793_tp_v

やっと出会えた理想のファンデーション

25歳、専業主婦です。

私は現在、ファンデーションはソフィーナ・プリマヴィスタのくずれにくい化粧のり実感パウダーファンデーションUVを使用しています。

私の肌は混合肌で、頬や口周りは乾燥しやすく、おでこや鼻はテカテカしやすいです。

いろんなファンデーションを使用したことがありますが、乾燥肌向けのものを使うとすぐにテカリが気になりますし、オイリー肌向けのものを使うと、頬などの乾燥が目立ちます。

ファンデーションを2種類用意し、部分的に使い分けていたこともあるのですが、使いわけるのが難しく、ぬりむらができてしまいました。

なかなかよいファンデーションに出会えずにいたのですが、このファンデーションを使い始めてからは肌の調子がよくなりました。

オイリー肌向けの商品ではありますが、乾燥しやすい部分に使用しても問題なく、化粧直しがなかなかできない日もテカりが気になりません。

 

使いやすくてお手軽なパウダーファンデーション

私が使用しているのはパウダータイプのファンデーションですが、リキッドタイプファンデーションやクリームタイプファンデーションなどと比べてパウダーファンデーションは、化粧直しがしやすいですし、薄くぬったり、濃くぬったりの調整がしやすく、ナチュラルな仕上がりになります。

リキッドタイプファンデーションやクリームタイプファンデーションにもそれぞれ長所はありますが、だれにでも使いやすく、お手軽なのはパウダーファンデーションであると思います。

 

ベースメイクにはこだわりを持って…

プリマヴィスタのファンデーションはけしてお安くはありません。

私は他の化粧品(マスカラやアイライナーなど)にはあまりお金をかけておらず、1000円ほどのプチプラのものを使用していますが、ファンデーションと化粧下地にはこれからもお金をかけていきたいと思っています。

肌の質感は第一印象に大きく影響すると思いますし、肌がきれいに見えるとそれだけで美人に見えます。

くすんで見えてしまったり、毛穴が目立つといくら目や唇がきれいにお化粧できていても、残念な印象になってしまいます。

一番ベースになる部分だからこそ、一番お金をかけるべきだと思いますし、お金をかけても惜しくないと思います。

 

 

ファンデーションのおかげで気持ちが明るくなれた

ファンデーションを上手に使うためには合わせて使う化粧下地も重要です。

私はファンデーションと同じソフィーナ・プリマヴィスタの皮脂くずれ防止下地を使用しています。

やはりシリーズ使いすることで、より効果を発揮できているようで、この下地を使うことによって、さらに崩れにくく、長時間良い状態を保てるようになりました。

ファンデーションは女性の心も明るくする、とても大切な化粧品であると私は思っています。

私がファンデーションを使い始めたのは、高校3年生のときです。

私は当時、にきびができやすい肌で、にきびのあとがとても気になっていました。

にきびのあとを見られないよう、髪の毛を延ばし、顔を隠し気味に過ごしていました。

初めてファンデーションを使ったときには感動し、どうどうと顔をだすことができるようになりました。

今では髪形をショートカットにしても平気です。

気持ちが明るくなり、ファンデーションを発明した人にお礼が言いたいくらいの気持ちです。

 

 

進化していくファンデーションの魅力

現在ファンデーションには美容液成分の入ったものや、24時間つけっぱなしでもよいもの、パウダーでもリキッドでもないクッションファンデーションなど、次々と新しいものが開発されています。

女性のきれいな肌になりたいという夢をかなえる商品としてこれからも進化していくと思いますので、あらたな商品を使うのが楽しみです。

現在は25歳ですが、もっと高齢になった際に20代にような肌が手に入るような、商品が開発されることを祈っています。

 

 

 

 

 

Pocket