520fe024d3ae3c054435bbcacb4869a3_s

いろいろなメイク方法を試してみる

私は25歳の専業主婦2年目です。

現在は子供が生まれ、メイク時間をかけることはほとんどなくなりましたが、今でもコスメやメイクアップの特集記事などは大好きです。

ここ2年のお気に入りは、DHCのQ10リキッドファンデーションです。

伸びがかなりよく、カバー力もあり、ツヤ肌になれる一品です。更にツヤっぽく仕上げたい際は、ベビーオイルを一滴ファンデーションをに混ぜて使うと、自然なツヤが生まれ、しっとりとした質感が生まれます。

今はなかなかメイクに時間をかけれていませんが、これまでは試行錯誤、色んなコスメやメイク方法を試してきました。

私がファンデーションを初めて使ったのは、高校1年生の時でした。

今思えば、ファンデーションなんて必要のない年齢でしたが、周りの友人の影響もあり、メイクすることへ関心を持ったことがきっかけでした。

その頃は、テカリを抑えることが目的の大半で、そのためパウダリーファンデーションを使用していました。

下地やハイライト等を使うこともなかったので、ただただベタ塗りをしていたようなイメージです。 

大学に入り、メイクすることが毎日の楽しみになりました。

ファンデーションは、テカリ抑えというより、顔のトーンを整える土台づくりのイメージで使用していました。

粉っぽくなることが気になりだし、このころからリキッドファンデーションを使いだしました。

初めのうちは、量や塗り方に戸惑い、粘土遊びのような感覚でした塗りたくっていました。

就職してからは、エアライン業界の仕事ということもあり、暗い照明の下でも明るく生き生きとした肌に見えるよう、ハイライトやチークをポイントに、ファンデーションは艶感を重視するようになりました。

 

 

メイクは土台が大切

不規則な生活から肌荒れも多くなり、カバー力にも興味が出だしました。

ファンデーションで全てを補うと、厚塗りになり、ヨレが目立つので、ファンデーションを全体に、ポイントだけコンシーラーを使うか、さらにその部分だけファンデーション重ねる等でカバーしました。

その上に、クリアのパウダーを薄く重ね、化粧直しをしなくとも、夕方までキレイに保つことができました。

また、季節によってファンデの種類を変えていました。

冬はアルビオンのジェルマスクファンデでしっとり、夏はコフレドールのテカらずキープできるファンデ+サラサラになるフェイスパウダーを愛用。

洋服の衣替えをするのと同じように、肌も衣替えして、いい状態をキープすることが必要だと考えます。

社会人になり、やっと自分が目指す肌感が固まり、実現に向けて情報収集を頑張りました。

時間のない日は、BBクリーム1本でメイクしたり、休みの日はCCクリーム+コンシーラー、とマイルールを決めて使い分けるのも楽しみです。

肌は土台ですが、この土台ほど大切なものはないと思います。

肌がキレイに仕上がらなければ、いくら他のポイントメイクを丁寧にしても、台無しです。

ベースメイクこそ丁寧に、ポイントメイクを極薄にすることが、キレイに見える一番の近道だと考えます。

 

 

自分流のメイク方法を見つける

私のこだわりは、リキッドファンデを塗る際は手で塗ることです。

スポンジを使用していた時期もありましたが、鼻の脇や目尻、口角を一番キレイにカバーできるのは、自分の指だとわかったので、やめました。

また、顔の中心から塗り始め、外側にいくほど薄塗りでぼかしていくことで、シェーディングいらずなくらい、小顔に見えます。

ファンデは肌をキレイに見せるだけでなく、顔の立体感生み出します。

最近気になるのは、ややトーンが暗い肌色。健康的で大人に見えるテラコッタ肌に憧れ、新しくファンデを買おうか検討中です。

自分の顔をよく鏡で見て、カラーや塗り方を研究し、よりオリジナルなベースメイクを極めていきたいです。

 

 

 

 

 

Pocket