83bd2dce91ebe89ef838efb247a36cc1_s

ファンデーションはたまに使う程度

50代後半、主婦、一週間に2日程のパート。

20代、就職して初めて毎日、ファンデーションを使うようになった。

学生時代には、ほとんど基礎化粧のみでファンデーションは、特別な時にしか使わなかったと思う。

まだ、今のように海外のメーカーのものが安くはなかったし、資生堂、ポーラなどのパウダーで、水を少しつけて使うタイプだった。

デパートで、店員さんに選んでもらって、購入していたようにおもう。

結婚したころ、ポーラの訪問販売で、えらく高いものを買った記憶があるが、2度と買わなかった。

資生堂を使っていたが、ある時、湿疹が出て、それ以降、使うことはなかった。

すこし、香料の強い感じがあったかもしれない。

毎日使っても、それほど厚く塗るわけでもなかっので、なかなか減らな買った記憶がある。

色は、オークルで、ほとんどパウダー、リキッドタイプはほとんど使っていなかった。

資生堂を使わなくなって、おそらく花王かコーセーのものを使っていたが、ファンデーションより、シミ、シワができるのがいやで、美容液にお金をかけていたように思う。

その頃、海外のものも少しずつ買いやすくなり高かったが、海外出張の夫に頼んで買ってきてもっていた。

 

 

肌を意識して、ファンデーションを使い始めた30代

30代は、子育てで、外に出ることも多いので、日焼け止めをよく塗って、ファンデーションをぬっていた。

まだ、パウダーのものばかりで、花王のものを主に使っていた。

その頃からUV効果の高いものが出てきていたように思う。

色も、オークル、少し明るいものも使うようになったかもしれない。

ほとんど毎日、ファンデーションを塗らずに、外出することはなくなり、3か月に一度くらいは、かったかもしれない。

生協を利用したいたので、当時は、メーカーは忘れたが、生協の開発したものかもしれないが、それを使っていた。

少し高いものであったが、4000円くらいしたかもしれない。

それは、とてもカバー力があり、シミなどがきれいにカバーできた。生協をやめて使わなくなった。

 

 

ファンデーションとコンシーラーで欠点をカバー

40代くらいから、シミなど気になるところには、コンシーラーなどを使うようになった。

スティックタイプのものを良く使っていたが、だんだんめんどうにもなって、買っても使いきることは、なかなかなかった。

どのくらいの期間、化粧品は大丈夫なのか、分からないまま古い物も使ってみたりしたが、肌に影響があったことはなかった。

40代後半くらいから、冬、乾燥すると液体ファンデーションも使うようになったが、さらにパウダーも塗っていたりもした。

今は、液体ファンデーションに少しパウダーをぬるていど。おもにソフィーナを使っているが、メイベリンの立体ファンデーションもつかっている。

コンシーラーも目のクマ隠しなどに、今は必ず使うようになった。

色はオークルをやはり、買うことが多い。コンシーラーは、少し明る目のものを使っているが、コンシーラーを使わなくてもすむファンデーションがあればいいのにとおもう。

メイベリンの、小顔ファンデーションは、初めて使ってみたが、一つのコンパクトで2色入っており、メリハリをつけられるので、なかなかいいとおもう。

が、乾燥している時には、やはり下地にリキッドファンデーションを使ったほうが、きれいにカバーできて、立体感も出しやすい。

ずっと、花王のものを使っているが、主婦にはリーズナブルだと思うし、肌にも優しい感じであった。

最近では、ちふれや海外のメーカーのものも安価で、そんなに悪くはないのだが、総合的に、ずっと花王のファンデーションを使い続けそうにおもう。

コンパクトなども、昔はとてもあっさりしたケースだったと思うが、それに比べずいぶんかわいくなっているし、年齢が高くなっても使えそう。

 

 

 

 

 

Pocket