ファンデーションは肌の欠点を隠すためのもの…

10代のころや20代前半はコラーゲンがたっぷりあります。

だからファンデーションを塗らなくっても肌はとても綺麗なものです。

コラーゲンがあるせいで乾燥肌の人であっても、素顔でいても割合に肌は脂分でべたべたしていたと思います。

それで油が入ったファンデーションを塗るのは嫌だと思っていた頃でした。

べたべたするのは嫌だし、肌がきれいなのに、どうしてまた上からファンデーションで塗るのかと、きれいに肌には不要だと思っていたのでしょう。

きっとその頃から、ファンデーションを塗るのは肌が汚くなって人がカバーの為に塗るものだと思っていたのだと思います。

 

 

もっと早くファンデーションを塗っておけばよかった

現在は、40代後半になって加齢とともに年相応で肌も汚くなっています。

だからファンデーションを塗るの必要不可欠なのです。

しかし、10代や20代前半の写真をアルバムで見返してみると、確かにすぐ近くで見たら、きっと肌はキレイだろうけれど、これにファンデーションを塗るともっときれいだったのにっと思いました。

ファンデーションを塗るのは、きれいな肌の上にさらにきれいな顔に見せるためのものなので、きれいな肌の若い時期にもファンデーションを塗っておいたら良かったっと後悔しました。

きっと今頃見返す写真は、この写真よりももっともっときれいな顔で写った写真を貼れたのにと思ったのです。

きれいな時期によりもっときれいな人物になれたのにっと思いました。

過去にファンデーションを塗らなかったのは、肌がきれいだし、ファンデーションを塗らなくっても自分は美しいっと思って勘違いしていたのでしょう。

それにべたべたする感覚と、ファンデーションは肌に良い成分は配合されていなくて、逆に肌に悪いものが入っているからファンデーションを塗らないで過ごそうっと考えたのもあるでしょう。

 

 

肌を保護するためにもファンデーションは塗るべき

しかし今、現代は、ファンデーション自体に美容成分が配合された商品が大多数販売されていて、ファンデーションを塗っておいた方が肌に良いという風に変わりました。

昔からそういう商品があったならば、きっと肌のためにファンデーションを塗る気になっていただろうっと思います。

そして紫外線や冬の乾燥対策のためにも肌を保護する意味でもファンデーションを塗るべきだと考えたかもしれません。

現在の年齢は40代後半になりファンデーションを塗らないと外出も出来ないほどになっていますが、ファンデーションを塗っていると美肌になれるような、美容成分がたくさん配合された商品があるので、毎日のようにつけています。

この方が肌に良いのなら、毎日欠かさず塗り込んで肌をきれいにしたいっと考えているのです。

40代後半になると、ハリも潤いも不足がちになり、美容成分を補いたい気持ちでいっぱいだからでしょう。

それにファンデーションを塗る意味は、顔をきれいに見せるものであるので、いつもきれいな顔で居たいから、塗り込んできれいな顔にしているのもあるでしょう。

 

 

ファンデーションで変われる自分を楽しみたい!

ファンデーションはエチケットであるとか言いますが、人のために塗るのではなくて、自分の顔がよりキレイになり自分自身が満足するように、塗るものだと思います。

今度も素肌は老化現象に伴って加齢とともにますます衰えて行くでしょうが、女性にとってファンデーションは一生の必要品であると思います。

そして化粧品会社の今後の研究と技術で、今後もっと良いファンデーションも販売される事を期待しています。

ファンデーションは色合い1つで顔の様子も変わります。

顔が光ったように見えるファンデーションもありますが、これは明るくて楽しそうな雰囲気に見せることができますし、シックな色合いで塗ると落ち着いた人柄の雰囲気に見せることができます 。

この変われる自分を楽しんで今後もファンデーションを楽しく塗って過ごしたいと思っています。

 

 

 

 

 

Pocket