BBクリームだけではカバー力も限界に

40歳女性です。

在宅で仕事をしているため、外出は近所への買い物や子供の習い事の送迎程度。

人と会うのは、子供の学校行事かごくたまにある友人とのランチや仕事の打ち合わせぐらいです。

もともと化粧が好きではないこともあり、普段はBBクリームで済ませていました。

また、出産後に肌が敏感になってしまったこともあり、気軽にファンデーションが試せなくなっていました。

しかし、40代になりシミやくすみが気になりだし、BBクリームだけではカバー力に限界を感じるようにもなっていました。

 

以前から気になっていたミネラルファンデーション

そこで、最近使い始めたのがミネラルファンデーション「ベアミネラル」です。

以前から気になっていたミネラルファンデーション。

お肌に優しく、肌への負担が少なくて済む点に惹かれました。

しかし、ミネラルファンデーションと言っても今では多くのメーカーから発売されています。

何を基準に選んだらいいのか正直迷っていました。

そんな時、近所の百貨店に新しく入ったのがベアミネラルだったのです。

ミネラルファンデーションは、インターネットで購入できるものがほとんどです。

手軽ですし、トライアルキットなどのお得なセットも購入できる反面、最も悩むのが色選びでした。

特にベアミネラルはアメリカ製ということもあり、国産メーカーにはない色が多く、色選びの基準が分かりかねました。

また、ブラシで肌に乗せるというプロセスもこれまで使ってきたファンデーションとは異なるため、上手く使いこなせるか自信がありませんでした。

 

思い切って美容カウンターへ

とはいえ、間違った色選びはしたくありません。

日頃化粧をしない人間にとっては非常に敷居の高い美容カウンターに思い切って足を運んでみました。

そこで、美容部員さんにメイクしてもらって驚いたのが下地から全ての工程をブラシで行うことです。

例えば、COMPLEXION RESCUE CR というミネラルイオンジェルも、ブラシに取って顔全体に伸ばします。

ブラシの種類も豊富で、アイテムや仕上がりの好みで選べるようになっています。

そして、ファンデーション。最も有名な「オリジナルファンデーション」の他にも、「マットファンデーション」やリキッドタイプの「ベアファンデーション」、コンパクトタイプの「レディファンデーション」など様々なタイプから選べます。

 

円を描くように肌にのせていくのがコツ

私が選んだのは、最もベーシックな「オリジナルファンデーション」でした。

容器のフタに適量のファンデーションを出した後、クルクルしながらブラシに馴染ませた後は、トントンと余計な粉を落として、円を描くように肌にのせます。

とはいえ、慣れないうちはこれが中々難しい。ブラシに粉を含ませるときに、しっかりクルクルするのがムラづきをなくすコツのようです。

フタに出した粉の量を見ると、本当にこれでカバーできるのか疑問に思ったのですが、ひととおりメイクを終えると、肌の色ムラがきちんときれいになっています。

ただし、気になるシミや目元や口元のくすみはカバーしきれないので、ポイント的にコンシーラーも使っています。

カウンターでは、ハイライトやシャドーやチークもしてもらいましたが、いきなりフルセットを購入するのには躊躇いもありました。

 

トライアルキットがおすすめ!

そんな方に向けてオススメなのが、トライアルキットです。

私は、ブラシ2本とミネラルファンデーション、ミネラルベール(フェイスパウダー)、フェイスカラー、プライムタイム(ベース)がセットになった9500円のスターターキットを購入しましたが、他にもお得なセットが何種類かあるようです。

特に、ブラシはマストアイテムな上に単体で購入すると3000円以上するので、初回はキットで購入するのがお得かと思います。

使い始めて数週間経ちますが、やっとブラシでのメイクに慣れてきました。

人と会う時は、BBクリームを下地にしてベアミネラルファンデーションを重ね、近所への買い物だけの時は日焼け止めとベアミネラルだけにしたりと、日によって使い方を変えています。

今のところ、長時間つけっぱなしの時でも肌の乾燥やつっぱりを感じることなく使えています。

肌にやさしく、自然な仕上がりを求める方におすすめです。

 

 

 

 

 

Pocket