3be323a6fc76113402d99f87224d07f2_s

使ってみなければ分からない! ファンデーションの魅力

私は19歳で2人の子供がいます。

仕事はしていませんが専業主婦をしています。

買い物行くときや、出かけるときはほとんど化粧をしています。

その時に1番と言っていいくらい必需品と思われるファンデーションについてお話しします。

私が使っているファンデーションは、化粧下地は、ノエビアの会社を使っています。

ファンデーションは、メイベリンのピュアミネラルを使っています。

女の子でしたら、ファンデーションは必需品だと私は思います。

肌のつやが違う人はまた別の話ですが。

 

おすすめはミネラルファンデーション

私が16歳の時は化粧をしても、ファンデーションだけは使いたくないという気持ちがあり当時はつかっていませんでした。

なんで使わなかったかというと、肌がすぐ荒れてしまうとか、化粧ノリが悪かったら肌がカサカサしたかんじになると周りから聞いていたのでそらなら、使わない方が肌にはいいと思い使いたくありませんでした。

まだ10代ですが、子供を産んだら肌や体の体質が変わりファンデーションを塗らないと外に出るのがとても恥ずかしい気持ちになりました。

それ以来ファンデーションを塗るようになりました。

出来れば塗りたくないのですが…。

肌にいいファンデーションとか色々調べてみました。

今ではミネラルファンデーションとかあります。

ミネラルファンデーションは、時間がない時などに使うと便利だと分かりました。

1度気になったので私も使ってみました。 

そしたら、ほんとに急がないといけない時に使うと便利です。

さらさらタイプになっていてとても塗りやすくて良かったです。

 

ファンデーションの成分の違いって…

肌荒れしないためのファンデーションは実際にはないと分かりました。

ファンデーションの中に色んな成分とかが入っていてそれを肌に塗り、汗をかくと肌荒れの原因になるらしいです。

値段が高いファンデーションと、値段の安いファンデーションの違いはメーカーかメーカーではないのかっていうのもあるし、成分も少し違うらしいです。

今ではほとんどのBBクリームやファンデーションにUVカットが入っているので、日焼け止めクリーム塗ってファンデーションを塗らなくて済むので時間が短縮にもなりますし、塗りすぎて肌を悪くしなく済むようになりました。

他にも顔を日焼けして肌がボロボロにならずにも済みました。

 

 

ファンデーションの色を変えるだけで、気分も変わる

ファンデーションによって色がいろいろあるので、体やその人の雰囲気に色を変えたりできるので、すごく楽しいです。

時間がない時は早く早くしないとっと思うのですが、時間がある時などにファンデーションの色を変えたりします。

BBクリームにピンク系を塗ってその上からファンデーションを塗ると、顔が明るくなり雰囲気も明るくなるそうです。

逆に茶色のBBクリームを塗ってファンデーションを塗ると少し焼けたくらいのちょうど良い色になるらしいです。

私は最近BBクリームはピンクを塗り、ファンデーションを塗っています。

前までは茶色系の色でしたので、色を変えた時に周りに明るくなったと言われました。

ファンデーションの色を変えるだけでこんなに違うんだなと思いました。

 

 

よりきれいに見せるための年齢別ファンデーション

今回ファンデーションを調べた時にもう一つ勉強になったことがあります。 

それは年代別でファンデーションも変わってくるとゆう事です。

別にファンデーションならなんでもいいと思っていましたが、より綺麗に見せるために年代別に人気のファンデーションがあるらしいです。

なので、私も今使っているファンデーションがなくなったら、自分にあったファンデーション年代別でのファンデーションを使いたいと思いました。

人によっては肌に合うファンデーションと肌に合わないファンデーションもあるので、自分にあったファンデーションを探して行きたいなと思いました。

 

 

 

 

 

Pocket