%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

思い通りのファンデーションが見つからない

30代前半、主婦です。昔ナースしてました。

お化粧の中で一番難しいのって何ですか?

私は、ファンデーションが一番難しいと思います。

女優さんみたいな毛穴がなく、ツヤツヤな肌に憧れますよね。どんな風にお化粧したらそんなに綺麗になるの?って思いますよね。

でも、毛穴レスを目指して、ファンデーションを塗れば塗るほど「ムラ」になりません?付きが悪くなりません?そして、そうなると修復も難しい。

おまけに、たくさん塗りたくって出かけて、ルンルン気分で帰って鏡見たら愕然!目尻、ほうれい線に深い深い笑いジワが刻まれているではありませんか。

もうどうしたらいいの?ってなりますよね。

 

 

自分なりに考えたメイク方法

よく考えて…もしかして…ファンデーションなんてつけない方がいいんじゃない? とも考えました。

しかし、アラサー女子の顔色は七変化します。疲れたり寝不足してりゃ顔色悪っ!ってなります。顔色悪いまま女子会やデートには行けませんね。

で、良い方法を発見したのです。

隠したい所だけ隠す!!

クマとかほうれい線とか…目元や口元など、エイジングが現れやすい部分は、もちろんカバーする必要があると思うのです。

でも、アラサーならまだほっぺとかおでことかは、エイジング来てないんじゃないかな?

だから無駄に隠す必要ないんじゃないかな?

 

 

ポイントメイクで肌の悩みをカバーするには

ってことで、毛穴レス、つやつや肌の作り方

1. 基礎化粧品で丁寧に保湿する

→化粧水は、ケチったら高いものも意味がなくなってしまう。なので、たっぷり使う前提でえらびましょう。

乳液は、たっぷりつけるとメイクが浮くので、手のひら全体に伸ばして温めて、ふわっとおさえながらつけます。

 

2. ドライヤーの冷風で表面の水気を取る

→これ大切!!ベタベタしたままだと、この後のメイクがうまく乗らないです

 

3. 下地(UVカットは必須)をつける 

→下地選び重要!冬なら保湿重視!夏なら浮き防止重視!

 

4. またドライヤー冷風

→ここで冷風を当てると、下地がよれずファンデーションがうまく乗ります!

 

5. 必要ならコンシーラーを

→目元、口元気になる場合うっすらと。目元はハイライトの方がうまく隠せるかも

 

6. ファンデーションを乗せる

→私のおすすめは、パウダータイプです。

 

アラサーは全体を隠す必要がない人が多いと思うんで、リキッドだと、いかにも作った肌になってしまうし、ムラになりやすいので扱いが難しい。

なのでパウダーを、“ブラシ”で乗せます!

ブラシは資生堂の面が平たくなっているファンデーション用のものがおすすめです。

毛穴レスになれます。で、ファンデをおでこ、ほっぺにうっすら乗せます。

輪郭あたりは乗せなくてよし。骨格が高くなっているところのみ。

そして、目元、口元にもうっすらのせます。あまり重ねない方が良いけど、気になる場合は重ねづけします。

でも動く部分に重ねづけするとヨレのもとになるよ

 

7. チークをいれます

→キャンメイクのクリームチークおすすめ。ピンクよりオレンジより“赤”をうっすらなじませるのがポイント

 

8. ハイライトをブラシで乗せる

→頬、額の骨格が高くなっている時に、ブラシでサッサと。目元が気になる人は、目の下に逆三角になるようにハイライトをいれます。

 

これで極薄ファンデメイクが完成だよ。

ちなみに、私ナースやってたので、夜勤の時のおすすめ。

ファンデつけたままだと重~く、朝を迎える頃にはテッカテカになりますよね。

そこで夜勤の時には、下地プラス、お粉をファンデ代わりに使います!マスクしちゃうしそれで十分。

何もつけないと、逆にニキビできたりしたよ。

私は、下地は“シュウウエムラ”の“UVアンダームース”使ってます。

ツヤを演出してくれるし、乾燥に強い!!ファンデはポールアンドジョーのパウダーファンデ使ってます。

前下地もポールアンドジョー使ってて、合わせて買った名残。ムラづきしないし、薄づきでもカバー力問題なし。

保湿効果もあり。

ぜひお試しあれ!

 

 

 

 

 

Pocket