保育士に「女」は求められない

こんにちは。保育士をやっている23歳です。

就職して約1年。

保育士という仕事がいかに汗をかく仕事かということを思い知らされました。

外遊びで汗をかき、プールを外から見ているだけで汗をかき、お散歩で汗をかき、様々な場面でダラダラと汗をかいた結果、眠たい目をこすって朝からがんばったお化粧はいつも午後には亡き者となっていました。

元来、めんどくさがりの私。

保育士というお仕事をしていると職場に「女」は求められません。

そのため、化粧をしていない保育士もたくさんいらっしゃいます。

正直「化粧めんどくせ」と思っていた私は、もうどうせ落ちてしまうならと数か月間化粧をしなかった時期がありました。

干物女の誕生です。

 

雑貨屋さんで見つけたファンデーション

化粧をしなくても困ることは特になかったので、そのまま日々を過ごしていた私ですが、一応私も女です。

雑貨屋さんを見て回ることが趣味なので、ぷらっと立ち寄った雑貨屋さんでひとつのファンデーションと出会いました。

メイベリンから出ているドリームホイップスムースリキッドです。

まず名前からしてファンシーでかわいらしいこのファンデーション。

プッシュで出す液体のファンデーションは購入したことがなかったので、「こんなのあるのか」という興味本位で手に取りました。

試供品を試した結果、肌ざわりは名前のとおりホイップのような軽い感触。伸びもよく、SPF24/PA++で日焼け対策もOK。

使用感で即購入。

 

今までのファンデーションと化粧の持ちが違う!

しばらく化粧もしない干物女だった私ですが、翌日にはこのファンデーションを使用してみました。

実際に使ってみると、毛穴をしっかりカバーするマットな仕上がりなのに、軽い感じで皮膚への圧迫感もなし。

日中、ファンデーションを塗っていると、肌が渇くような感じがすることがあったのですが、この商品にはそれがなかったです。

保湿感もばっちりでした。

そして、汗をかいても気にならない。

やっぱり、汗をかきまくる仕事なので夜までばっちりメイクというわけにはいかないのですが、それでも以前のものに比べれば、化粧のもちがまったく違いました。

 

カラーバリエーションも豊富

日本人の肌に合わせたカラーバリエーションは5種類と豊富です。

保育士は日焼けしやすい仕事ですが、日焼け止めを塗る暇もなかったりするので、やっぱり焼けます。

日焼けした首元と顔の色があまりにも違うということは避けたいので、夏にはファンデーションの色を変えるんですが、この焼けた色を選びたいというときにも、困らなかったのもありがたいです。

その色味も透明感のあるもので、色は2種類持っていますが、そのどちらも満足の仕上がりになります。

伸びもいいのでコストパフォーマンスもばっちりです。

一度使うのに必要な量は私の場合は半プッシュでした。

なので、毎日使っても数か月もちました。

それに値段も高くないので、次のものがぱっと買いやすいです。

 

 

ファンデーションのおかげで化粧に目覚めました

それまではパウダーファンデーションを使っていたので、真ん中から削れていくファンデーションの底が見えるとどんなに可愛いデザインでもなんとなくダサい気がして「あーあ」と思っていたのですが、ビンタイプなのでそういう感覚もゼロ。

ビンタイプは化粧ポーチを圧迫せず、マスカラやリップと一緒に横にしてポイと放り込んでおけるという点でも便利でした。

保育士になってから、化粧もめんどくさくなって、「もういいや」と過ごしていた私ですが、このファンデーションを購入してから、化粧に目覚めることができました。

ファンデーションがいいと肌の綺麗さが全く違うので、アイメイクをしたり、口紅を塗ったときの化粧の生え方が違いますよね。

仕事中は、あまりばっちりメイクにするとよくないので、このファンデーションとチーク、色付きリップしか塗っていませんがそれでもやっぱり肌が違うと顔のイメージが全く違います。

顔の毛穴が気になる。マットな仕上がりが好き。ファンデーションの重たい感じが嫌い。

そういった方には、このファンデーションはとってもおススメです。

 

 

 

 

 

Pocket